男性不妊は射精のペースも考えていく

初めて男性不妊という病気を知ったという方が勘違いされがちなのが、精子の数が少ないのであれば徹底的に溜め込んだ方が良いのではないかという勘違いです。
実は精子というのは使えば使うほど生成能力が向上していくものであり、あまり射精しない日々が続くと、どんどんと精子を生成する能力も弱っていくと言われています。
使えば使うほどとは言っても、あまりにも射精するペースが早いと亜鉛不足を引き起こしかねません。
人間の身体というのは大体三日で精子の量が満タンになって、それ以上作られた精子は身体に吸収されていくと言われており、大体二日から三日ほど待ってから射精をするのが身体に対する負担も少ないでしょう。
それでもペースが早すぎるのではないかと心配な方は、射精をしようと思った日にFORCEなどの精力剤を利用しておく事がおすすめです。
FORCEには亜鉛だけでなくビタミンBやアルギニンなどの精子の生成に必要な成分たっぷりと含まれており、射精しようと思った日に事前にFORCEを利用しておく事で、射精をした後に亜鉛不足に陥る心配を少しでも減らす事が出来ます。
FORCEは抗ストレスやエネルギー生成を助けてくれる様な成分が、山ほど入っていると言われていますから、普段から疲れやすい生活を過ごしているという方は、ストレスと疲労感を削減する為に使っていくのもおすすめされているんです。
少しでも身体に負担の少ない生活で男性不妊を解決していきましょう。

関連記事一覧