子供が欲しいと思われるのなら

子供が生まれないのは女性のせいというのは、
いまではずいぶん前時代的な考え方だと思います。
どのような統計を見ても、
不妊の原因は男女で約半数ずつということがわかっています。
子供が欲しいと思われているのなら、
女性だけが治療すればいいというわけではありません。
男性に原因があるのに、
女性ばかりに押し付けていては産まれるものも産まれなくなってしまいます。
男性にはプライドがあり、
病院で自分が原因だと言われてくないという気持ちが大きいようです。
ですが、そのまま放置していては子供を望むことができなくなってしまいます。
それではパートナーに顔向けできないとは思いませんか。
つまらないプライドのために、
どんどん妊娠できるチャンスが減ってしまっているんです。
女性には妊娠できるタイムリミットというものがあります。
まれに40代以上でも妊娠できることはありますが、
それは本当にまれなことだと思ったほうがいいでしょう。
不妊の原因がどこにあるのかわからなければ不妊を解決することもできません。
安心してほしいのは、
男性の検査のほうが女性よりずっと楽だということです。
そして、男性不妊だとわかったなら、
生活習慣を改善することそしてバランス良く栄養を摂ることを心がけましょう。
精子を造るためには栄養が不可欠です。
病院から精力剤をすすめられることもあります。
精力剤の多くには亜鉛が含まれていますが、
この亜鉛が精子を元気にするには効果的だということがわかっているからです。


関連記事一覧