2人目を考えたときに

1人目は簡単に授かったから2人目もと思っていたら実は不妊だったという話ですが、周りで本当に良く聞ききます。
地域柄もあると思いますが、私の住んでいる地域ではだいたい30代前半で初産を経験し、30歳半ば、出産の世界で言うと高齢出産に当たる年齢で2人目をというケースが非常に多いです。
私も例外ではありません。
その中でよく耳にするのが、先に挙げたような話です。
もちろん1人目と2人目とでは確実に年齢が上がりますので、受精しにくくなるのは自然のことです。
しかしながら1年以上経ってもという場合は、年齢のこともありますし早めに婦人科を受診された方が良いです。
女性だけの問題では無く、男性不妊という場合も有ります。
主な場合は、精子の動きが悪い、数が少ない、芸能人で公表した方もいて名前を聞いた方もいると思いますが、無精子症と言って、精子が存在しない場合もあります。
これは1人目が出来ているので稀なケースかとは思いますが、どちらにせよ男性も受診が必要です。
原因が分かれば解決策が見えて来て、治療が必要な場合は方針が立てられます。
男性不妊の場合、使用されるのは主に精力剤です。
漢方なので飲み辛いという声もよく聞きますが慣れの一言に尽きるでしょう。
精力剤には副作用が伴うこともありますのでその辺りもしっかりと医師に相談しましょう。
なにはともあれ、女性も、特に男性も恥ずかしがらずに婦人科を受診することが何よりの解決策に繋がります。


関連記事一覧