不妊は男性の側にも原因があります

ある病院の調査結果によれば、
不妊の原因の約半数が男性が原因の男性不妊だそうです。
不妊といえばいままで女性が原因のように思われてきましたが、
その実不妊の原因は男女半々だということがわかってきています。
男性不妊の原因としては、
精子の減少、通過障害、性行障害などがあげられます。
ただ、不妊治療の場合、
男性が非協力的であることがよくあります。
自分が不妊の原因であることを認めたくない気持ちはわかりますが、
何もしなければ不妊を解決することもできなくなってしまいます。
男性不妊をどうすれば解決することができるのでしょうか。
それには、まず生活習慣を見直すことが重要です。
男性不妊の多くが精子の減少が原因のことが多いと言われています。
精子を造り出すための栄養素をしっかりとることをおすすめします。
具体的には、亜鉛、セレン、ビタミンE、鉄などを積極的に摂りましょう。
そしてビタミンQも精子を造るために必要な栄養素です。
亜鉛は精子を造るために不可欠な栄養素で、
別名セックスビタミンと呼ばれることもあるほどです。
この亜鉛やセレン、ビタミンE、鉄などを多く含んでいる精力剤もあります。
精力剤はその時だけ勃起させるだけでなく、
体質を改善するために利用するのも効果的です。
精子を造ることができる栄養をふんだんに摂れば、
男性不妊の解決を大きく前進させることもできます。
病院に行くのはためらわれるとしても、
精力剤を飲むくらいなら誰でもできるのではないでしょうか。


関連記事一覧