男性不妊とはどんなものでしょう?

夫婦ともに健康なのに、
結婚して2年以上経っても子供ができない状態を不妊というそうです。
その不妊のなかで、
男性側に原因がある不妊を男性不妊といいます。
男性不妊には大きく分けて3つの理由があります。
まず、精子の数が少ない、もしくはまったくない。
精子はあるけれど不活発で動かない。
精子の形が悪くても不妊になります。
後は、精力減退、いわゆるEDの状態も原因としてあげられます。
精子があったとしても、
その気にならず射精もできなければ妊娠できる可能性が限りなく低くなってしまいます。
これらは、病院に行って検査をすればすぐわかることですが、
この検査を嫌がる男性は多いようです。
それに、不妊治療には多額の費用がかかりますから、
それが気になって不妊治療ができないという方もいます。
そんな方でも手軽に実践できるのが、
精力剤を不妊治療に利用するというものです。
不妊の原因である精子の元気のなさも、
精力剤に含まれている多くの栄養素を摂ることで改善されるケースがあります。
精子を造るためには多くの栄養素が必要なのですが、
その栄養が足りなければ精子が作れなかったり元気がなかったりするわけです。
その足りない栄養を補うことで精子を元気にすることもできます。
もちろん、どのような精力剤を利用するかによっても違ってきます。
配合成分の分量が少なければ、
それなりの効果しか期待することができなくなります。
選ぶときは配合されている栄養素の成分量をよくチェックして選びたいものです。


関連記事一覧